身分差恋愛

恋愛漫画『わたしの幸せな結婚』コミック3巻ネタバレと見どころ!

この記事は「わたしの幸せな結婚」コミック3巻のネタバレを含んでいます

漫画『わたしの幸せな結婚』は顎木あくみさんの人気小説を高坂りとさんが漫画化した話題作です。

シリーズ累計400万部突破!

珠玉の和風シンデレラストーリー。

 

まり
まり
今回は、この人気シリーズの3巻をご紹介します。

 

今回も涙なしでは読めない展開が続きますよ。

 


引用:
Amazon

ネタバレの前に、ヒロインの美世に関わる人物の相関図とこれまでのあらすじをご覧ください。

 

わたしの幸せな結婚』人物相関図とこれまでのあらすじ

まずは、主人公の2人を簡単にご紹介します。

斎森美世(さいもりみよ)

斎森家の長女として生まれる。
異能を持たないため酷い扱いを受けて育つ。

久堂清霞(くどうきよか)

美世の婚約相手。
異能者の中でも実力のある久堂家の家長であり、冷酷無慈悲として有名。
たぐいまれな美貌の持ち主。

異能とは何?

超能力や霊感など普通の人が持たない能力、才能のこと

美世に関わる人物たちの相関図がこちらです。

この作品は、家と家の繋がりや争いなどがあり、多くの人物が登場します。

まり
まり
どの人物も個性があり、すべての登場人物をご紹介できないのが残念です。

 

まずは、これまでのあらすじをおさらいしましょう。

 

これまでのあらすじ

斎森美世(さいもりみよ)は異能を持たないため、継母と異母妹から虐げられてきました。

美世が唯一心を許せた幼馴染で初恋相手の辰石幸次(たついしこうじ)は、異母妹の香耶(かや)と婚約。

そして、美世は冷酷無慈悲な男と噂の久堂清霞(くどうきよか)と婚約させられます。

 

こちらの記事にて、より詳しく物語の始まりをご紹介しています。

 

美世と清霞は、少しずつお互いを知り関係を築いていきます。

その陰で、偶然見かけた清霞に心を奪われた香耶と美世の実母の血筋に執着する辰石実が結託していたのです。

2人の穏やかで幸せな毎日を邪魔するかのように、香耶と実の魔の手が美世に伸びていました。

 

まり
まり
3巻は、衝撃の場面から始まります。

 

『わたしの幸せな結婚』コミック3巻ネタバレ

実家での扱いに笑うことを忘れ、自らの死すら願っていた美世。

そんな彼女が清霞の彼の家の使用人であるゆり江の優しさに触れ、少しずつ変化していきました。

物語は、ゆり江と一緒に出掛けた美世が何者かに拉致されたところから始まります。

『わたしの幸せな結婚』コミック3巻ネタバレ

美世は、後ろ手に縛られ暗闇の中にいました。

実家・斎森家の蔵の中だと気がついた時、継母の香乃子と異母妹の香耶が現れます。

継母は美世に暴力を加え、清霞との婚約を破棄するように迫りました。

 

まり
まり
理不尽な要求と執拗な暴力、こんなことが許されるんでしょうか?

 

以前の美世でしたら、諦めて従っていたはずです。

ですが、今は「だんな様(清霞)のそばにいたい。」という気持ちが強くなり、婚約破棄を拒否します。

更に継母の暴力はひどくなっていきました。

最後には首を絞められ、意識が遠のいていく美世。

 

まり
まり
このまま死んでしまうのではと思った時、清霞の登場です。

 

清霞に抱き起され安堵し、気を失う美世と怒りにかられる清霞。

清霞に睨まれても、香耶は自分の方が清霞の婚約者にふさわしいと主張します。

そんな香耶を一蹴し、清霞は美世を抱き上げその場を去ります。

 

まり
まり
清霞様素敵!悪者は成敗されました!

 

この騒動の後、美世と清霞は正式に婚約します。

 

まり
まり
でもハッピーエンドでは終わりません。
まだまだ波乱の渦の中に美世と清霞は巻き込まれていくのです。

 

『わたしの幸せな結婚』コミック3巻の見どころ

衝撃的な場面から始まった和風シンデレラ漫画『わたしの幸せな結婚』コミック3巻。

おすすめの見どころを3つご紹介します!

  • 美世が自分の意志で清霞との婚約破棄を拒否
  • 亡き母が夢に出てくる時に、たたずむ桜の木が焼け落ちてしまう
  • 正式に婚約した美世と清霞の穏やかでほほえましい関係

 

美世が自分の意志で清霞との婚約破棄を拒否

美世は子供の頃、亡き母の遺品を勝手に捨てられたことで継母に抗議しました。

その結果、蔵に閉じ込められたことがあります。

この他にも似たようなことが何度もあり、すぐに諦めて謝ってしまうようになりました。

 

そんな美世が、自分の意思を強く持ち婚約破棄を拒否できたのは大きな進歩です。

 

まり
まり
美世えらい!よく頑張りました!

 

この美世の進歩は、物語のターニングポイントと言えます。

 

桜の木の焼失

清霞が誘拐された美世を助けに、斎森家を訪ねた時のことです。

美世を利用したい辰石家の当主実は、清霞の行く手を阻もうと屋敷の中で火を放ちます。

その結果、美世の実家は焼け落ちてしまいました。

美世の夢によく出てきた、亡き母がたたずんでいた桜の木も焼けてしまいます。

 

この桜の木の焼失は、何だか不吉なことを予感させます。

 

まり
まり
何かを暗示しているのかもしれません。

 

美世と清霞のほほえましい関係

誘拐騒動の後、美世と清霞は正式に婚約します。

継母から暴力を受けたことにより、しばらく美世は体調を悪くしていました。

その間に、清霞が看病しようとする場面があります。

 

おかゆを食べさせようとしたり、熱はないかとおでこに手を当てたり。

2人とも照れまくりです。

 

まり
まり
読んでいる私も恥ずかしくなってしまいます!

 

結局照れまくる2人を見て、お世話係のゆり江が代わりに美世の世話をすることに。

奥手な2人にキュンときてしまいますね。

 

『わたしの幸せな結婚』コミック3巻の感想

ここからは『わたしの幸せな結婚』3巻を読んだ読者様の感想をご紹介します。

かなりきつい内容もありますが、旦那さまとみよの絆が強くなっていくので、面白いです。 これからの展開も、穏やかではなさそうですが、あくまでもタイトルを信じて応援していきたいと思います。 ああ、次が気になります。

引用:コミックシーモア

小説版では描かれていないところまで描写があり、(逆もまた然りですが)コミックの良さを噛み締めました(;;)前回までは自己肯定感皆無のつら〜い時間を過ごし続け、読んでる側まで涙止まらず…でしたが、今回は別の意味で涙が止まらなかったです。3巻は これまでにあったものとは別の嫌な予感(ネタバレになってしまうのでこれ以上は言えず)を残しながら、さらに伏線を少しずつ散りばめて進みつつもふたりの柔らかい時間が描かれていました。きっと今が一番平和なのでは?このまま仲良しのふたりを見ていたい!とは思うものの、そうはいかないのがこの世界ですね…!旦那様が美世さんのことで取り乱す?動揺する?お姿はいつみてもかわいいです。4巻も心待ちにして楽しみにまっています(*´ω`*)

引用:コミックシーモア

3巻で一応一区切り、と言ったところでしょうか。 いつもどおりの美しいイラストっぷりです。 清霞と美世はラブラブだしとっても素敵ですね。 清霞がどんどん美世に対してとことん甘く優しくなるし、そんな旦那様大好きな美世カップルが本当に素敵です。

引用:コミックシーモア

 

皆さん、美世が助かったことにホッとして、続きを楽しみにしていらっしゃいますね。

 

まり
まり
私の個人的な感想ですが、勘違いも甚だしい香耶に対して、清霞の冷淡な態度が痛快です。スカッとしました。

 

香耶がまた登場する時はあるのでしょうか?

改心して、良い人になっていて欲しいですね。

お願いだから、もう美世の幸せを邪魔しないでと願っています。

 

『わたしの幸せな結婚』コミック3巻ネタバレと見どころまとめ

恋愛漫画『わたしの幸せな結婚』コミック3巻のネタバレと見どころをご紹介しました。

衝撃的な場面から始まった今回。

今の時代なら傷害罪や暴行罪で訴えられるような暴力を、美世は受けていたんですね。

本当に助かって良かったです。

せっかく久堂家で穏やかに暮らしていたのに、元の暮らしに戻るなんて絶対に嫌ですもんね。

 

私が特に読者様に注目して欲しい、見どころはこちらです。

  • 美世が継母に逆らい、自分の意思を示したこと
  • 斎森家の庭の桜の木の焼失
  • 美世と清霞のほほえましい関係

 

美世の誘拐は3巻の冒頭部分で、そこから新たなストーリーが始まります。

新しい登場人物も次々に登場し、更に大きな事件が起きそうです。

多くの読者様が今後のストーリーを楽しみにしていらっしゃいます。

 

まり
まり
私もその中の1人です!美世と清霞様の幸せをみんなで祈りましょう!

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。