bbクリームとファンデーションの違いとは?3つの違いを知ってもっとキレイな自分になろう!

あなたは毎日のメイクを楽しんでいますか?

メイクは自分で自分を変えることができますし、気持ちも上がりますよね。

でも、日々の家事や育児でメイクに時間がかけられない……そんなお悩みはありませんか?

私もメイクは好きなのですが、正直、ちょっとめんどうな時があります。

そこで最近では、気軽に使えるbbクリームを愛用しています。

bbクリームはひとつで何役にも使えるので、私と同じように愛用している読者さまも多いのではないでしょうか。

でもbbクリームとファンデーションでは、役割がまったく違うことをご存知でしたか?

この記事では、bbクリームとファンデーションの違いを次の3点から見ていきます。

  • 特徴の違い
  • 肌タイプの違い
  • 仕上がりの違い

自分に合ったベースメイクを見つけられると、メイクがもっと楽しくなります。

また、もっと素敵な自分に出会えるかもしれません。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

bbクリームとファンデーション】特徴の違いは?

1つめは【bbクリームとファンデーションの特徴の違い】です

あなたはどんな目的でメイクをしますか?

仕事に出かけるから?

キレイに見せたいから?

シミやそばかすを隠したいから?

どんなメイクにしていきたいか、メイクにどんなことを求めているのかによってどちらを使うのか変わってきます。

ここではbbクリームとファンデーションの特徴の違いからどちらがあなたに合っているのかを考えてみましょう。

bbクリームの特徴は?

bbクリームの特徴を一言でいうと時短メイクができる!です。

bbクリームの特徴
  • 正式名称は「Blemish Balm Cream(ブラミッシュバームクリーム)」。ファンデーションの成分や機能をベースに化粧下地、美容液、日焼け止めの役割も兼ねている
  • 1本でベースメイクを完結でき、工程を減らせる時短メイクができる
  • メイクが得意ではない方でもbbクリームだけでカンタンにキレイな肌に見せることができる

毎日のメイクが面倒くさい人、手軽にベースメークをしたい人におすすめです。

ファンデーションの特徴は?

ファンデーションの特徴はキメの整った肌にできる!ことです。

ファンデーションの特徴
  • ファンデーションには肌を美しくみせる効果がある
  • 肌の気になる部分(くすみや毛穴)を、色味や質感の違いによってカバーしながら整えられる
  • カラーバリエーションが豊富なので、自分にあった色を選べる

でもひとつ注意点があります。

それは、ファンデーションを塗る前に必ず下地を塗ること

下地には、肌のムラや毛穴をカバーし、なだらかな肌にする効果があります。

下地を塗ることでファンデーションの密着度がアップし、きれいで崩れにくいメイクに仕上がります。

しっかりベースメイクをしたい方には、ファンデーションがおすすめです。

筆者

近くのコンビニに行くときにはbbクリーム、ランチに出かけるときにはファンデーション、とシーンに合わせて使い分けるといいですね。

【bbクリームとファンデーション】あなたの肌タイプから考える違いは?

bbクリームとファンデーションの違いの2つ目は、【肌タイプの違い】です。

肌の状態は人によって違いますし、体調や気候にも影響を受けやすいものです。

自分の肌のタイプから使いやすいものを選ぶとキレイに仕上がります。

bbクリームが合う肌タイプは?

保湿力が高めのbbクリーム

bbクリームは肌を整える保護クリームとして開発されたものなので美容成分が豊富です。

ファンデーションで肌がカサカサになることがお悩みの人も多いのでは?

特に乾燥肌に悩んでいる方に、保湿力に優れたbbクリームはピッタリです。

ファンデーションが合う肌タイプは?

カバー力が優れているファンデーション。

ファンデーションは浮き出た血管の色や、毛穴をしっかり隠すことができます。

ニキビの跡、毛穴、くすみ、シミやそばかすもカバーできる点が魅力です。

種類もパウダータイプ、リキットタイプ、クッションタイプなど豊富にそろっているので、自分の肌タイプに合ったものを選ぶことも可能です。

筆者

季節によって、肌が乾燥しやすかったり、脂っぽくなったりする人は、その時々の肌にあったものを使うとキレイに仕上がりますよ。

【bbクリームとファンデーション】仕上がりの違いは?

bbクリームとファンデーションの違いの3つ目は、【仕上がりの違い】です。

ファンデーションの厚塗り感が苦手な方、ナチュラルメイクに抵抗がある方などメイクの好みもあると思います。

どんな仕上がりにしたいか、という点から選んでみるのもいいですね。

bbクリームの仕上がりは?

ナチュラルな雰囲気の仕上がりにしたいなら、bbクリームがおすすめ!

メイクでの厚塗り感を出したくない人、ツヤ感のある仕上がりにしたい人は、bbクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

カバー力はファンデーションより劣りますが、しみなどの気になる部分にbbクリームを重ね塗りすることで、目だたなくできます。

ファンデーションの仕上がりは?

お肌をしっかりカバーしたい人にはファンデーションがおすすめです。

最近は、ファンデーションにはたくさんの種類があり、仕上がり感も変わってきます。

主なファンデーションの仕上がり感をまとめてみました。

試し塗りをして自分の肌にあうものを探してみるといいですね。

ファンデーションのタイプ仕上がり感
パウダータイプ皮脂崩れを防ぎマットな仕上がり(初心者にもおすすめ)
リキッドタイプ伸びがよくツヤのある仕上がり(簡単にツヤ肌がつくれる)
クリームタイプ保湿力が高くしっとりとした仕上がり(乾燥肌の人におすすめ)
クッションタイプ潤いのある仕上がり(bbクリームと併用したいときにおすすめ)
スティックタイプカバー力が高くしっかりした仕上がり(崩れにくい)
筆者

ファンデーションのタイプによって仕上がりも違ってきます。
どんな仕上がりにしたいか?から選ぶのもいいですね。

【bbクリームとファンデーション】それぞれのデメリットは?

ここまで両方のメリットをご紹介してきましたが、それぞれ選ぶうえでのデメリットもあります。

bbクリームのデメリット
  • 色展開が少ない(自分の肌色に合わない場合も)
  • カバー力はファンデーションより劣るものもが多い
  • 製品によって特徴にバラつきがある
筆者

色展開はファンデーションのほうがたくさんありますね。

ファンデーションのデメリット
  • 乾燥肌だとうまく乗らないことがある
  • クレンジングにより肌に負担がかかってしまう
  • ニキビなどの炎症がある時には肌トラブルになることもある
筆者

ファンデーションは肌に負担がかかることもあるので、肌が弱い方は注意が必要ですね。

bbクリームとファンデーションの違いを知ってもっとキレイな自分になる!

bbクリームとファンデーションの違いをご紹介しました。

bbクリーム

  • 1本で時短メイクができる
  • 保湿力が優れている
  • ナチュラルな雰囲気のメイクにできる
  • 色展開が少ない

ファンデーション

  • しっかりメイクをしたい方向け
  • 色展開やタイプが豊富で自分の肌に合うものを選べる
  • シミや毛穴などのカバー力に優れている
  • 肌に負担がかかることも

最近では、bbクリームとファンデーションで機能に差がない商品も増えてきています。

メイクで一番大切なことはストレスなしに楽しむことです。

自分に合ったベースメイクを見つけて、自分好みのメイクを手に入れましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あくあつこ と申します。

ライター経験は2001年から2年間、地域の情報誌で執筆していました。
内容は、地域で活躍する女性の取材(撮影、インタビュー)記事、イベント情報のリライトでした。

大手通信添削会社の添削業務(2年間)、覆面調査員のリサーチャー(ゴールドランク)の経験もあります。

2022年10月からWEBライターの勉強をスタートしました。
これからよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次