【朝活】は意味ない?無理な朝活は逆効果。メリット・デメリットも徹底解説!

【朝活は平成20年ごろからの流行語とされ、現在もよく耳にする言葉です。

朝活のイメージとして多いのは、朝の時間を有効活用するために早起きして自己啓発や趣味、運動などを取り組むことですよね。

朝の時間を有効活用できると気持ちがいいですよね。

ただ、夜型人間だと朝起きるのがしんどい。

そんな方もいるのではないでしょうか?

この記事では朝活は意味があるのか?メリットデメリットを踏まえてお伝えしていきます。

読者さま

朝活は意味がないって聞いたことがあるけど、実際どうなの?

筆者

朝活は良いと言われていますが、やり方によっては逆効果になってしまいす。なぜ意味がないと言われているのかみてみましょう。

目次

【朝活】意味がないと言われる理由

【朝活】は間違ったやり方をするとむしろが逆効果になります。

どのような朝活は意味がないのでしょうか?

【意味のない朝活①】目的が明確ではない

朝活をする理由や目標が明確でない場合、単に早起きをするだけになってしまいます。

目的がないとモチベーションが続かず、早起き自体がストレスとなります。

ストレスからイライラしてしまったり、朝活自体続かないという結果になります。

みんながやっているからという理由で朝活を始めても、自分に合った方法でなければ効果は期待できません。

自分自身のライフスタイルや目標に合わせた朝活を見つけることが重要です。

【意味のない朝活②】計画性がない

朝活の内容が曖昧で計画性がないと、時間を無駄に過ごしてしまうことがあります。

何をするか決めずにただ起きるだけでは、効果的な時間の使い方とは言えません。

また、体内リズムや生活リズムに合わない無理な早起きは、逆に健康に悪影響を及ぼします。

十分な睡眠が取れないと、日中のパフォーマンスが低下し、結果として逆効果となります。

【意味のない朝活③】過度な期待をしすぎる

朝活を始めることで全てが劇的に改善すると過度に期待すると、思ったような結果が出ないとすぐに挫折してしまいます。

どんなことでもすぐに変化するということはありません。

小さな変化を楽しむ姿勢が必要です。

意味のない朝活
  • 目的が明確でない
  • 計画性がない
  • 過度な期待をしすぎる

【朝活】メリット・デメリット

無理な朝活は逆効果といわれていますが、正しいやり方で行うと効果を最大限感じることができます。

朝活をすることで得られるメリット・デメリットもあわせて紹介します。

【朝活のメリット①】生産性の向上

朝の時間帯は一般的に静かで邪魔が入らないため、集中して作業を行えます。

朝の時間に行う作業がより効率的なのは、多くの研究が示すところです。

例えば、脳が最も活発になる午前中にクリエイティブな仕事や学習を行うことで、生産性が向上することが期待できます。

【朝活のメリット②】健康への効果

朝活として運動を取り入れることは、健康維持に非常に有効です。

早朝の軽いジョギングやヨガは、体を目覚めさせ、新陳代謝を活発にします。

また、朝の太陽光を浴びることで体内時計がリセットされ、良質な睡眠が促進されます。

【朝活のメリット③】精神的な安定

朝の静かな時間を使って瞑想や読書を行うことは、精神的なリフレッシュにつながります。

日々のストレスを軽減し、前向きな気持ちで一日をスタートすることができます。

心理学的にも、朝のポジティブな活動は全体的な幸福感を高める効果があるとされています。

【朝活のデメリット①】習慣化の難しさ

早起きを習慣化することは、多くの人にとって難しい挑戦です。

特に夜型のライフスタイルを持つ人にとって、早朝に活動することは体内リズムに逆らうことになり、逆にストレスを引き起こす可能性があります。

【朝活のデメリット②】睡眠不足のリスク

朝活のために無理に早起きをすると、睡眠時間が不足しがちです。

十分な睡眠を確保しないと、逆に日中のパフォーマンスが低下し、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

朝活を実践する際には、必ず十分な睡眠時間を確保することが重要です。

読者さま

朝活=意味がないのではなく、取り組み方次第なんだね。

筆者

朝活は、目的を持って無理のない範囲で行うことが重要ですよ。

早朝にやるだけが朝活じゃない

朝型人間が夜ふかししたり、夜型人間が早起きしたりすることで仕事の生産性が落ち込むことが、東京医科大学医学部の志村哲祥兼任講師らの研究で明らかになりました。コロナ禍前、ビジネスパーソンの間では朝の時間帯を有効活用する「パワーブレックファスト」や「朝活」などの健全さがしきりに提唱されましたが、夜型人間にはむしろ逆効果だった可能性も。「早起きは三文の損」な人もいるようです

神戸新聞NEXT

朝活はその名の通り朝に行う活動ですが、必ずしも朝に行わなければならないわけではありません。

人それぞれに最も活力が湧く時間帯は異なります。

自分の体内リズムを理解し、最も効果的に活動できる時間帯を見つけるのも重要です。

また継続することが重要で、無理のないスケジュールを組むことが大切です。

無理に早起きをするのではなく、自然な形で活動時間を確保するよう心掛けましょう。

どの時間帯に活動するにしても、明確な目的を持つことが重要です。

何を達成したいのかを明確にし、それに向かって計画的に取り組むことで、活動の効果を最大限に引き出せます。

自分の生活リズムや体内リズムに合わせて、最も効果的に活動できる時間帯を見つけましょう。

朝以外の時間帯に行う「朝活」も、自分に合った方法で計画的に実行することで、同様の効果を享受することができます。

読者さま

朝以外の時間帯に行う【朝活】も踏まえて
自分に合った方法を見つけるのが一番だね!

無理な朝活は逆効果!自分に合った方法を見つけよう!まとめ

早朝に早起きして活発的に活動するイメージの朝活。

それには意味がないと言われるのは以下の理由が挙げられます。

  • 目的が明確でない
  • 計画性がない
  • 過度な期待をしすぎる

朝活自体が意味がないわけではありません。

朝活のメリット
  • 生産性の向上
  • 健康への効果
  • 精神的な安定
朝活のデメリット
  • 習慣化の難しさ
  • 睡眠不足のリスク

無理をして早起きをして【朝活】を行うと逆効果になってしまう可能性があります。

早朝に行うだけが【朝活】ではありません。

朝以外の時間帯でも、朝活と同様の効果を得ることができます。

ご自身のライフスタイルに合わせて無理のない範囲で有意義な時間を過ごしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WEBライターを目指す人々の共通アカウントです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次