ツバメの巣作り対策はちょっと待った!ツバメが巣を作る家は縁起がよいと言われる理由教えます

春から夏にかけて日本にやってくるツバメ。

春を感じるとともにツバメを目にする人も多いのではないでしょうか。

読者さま

最近ツバメが家の前をよく飛んでいるのだけど……

筆者

それは巣を作れる家なのかツバメが偵察しているんです。

もし、あなたの家の軒下にツバメが巣を作ったらどうでしょう?

ヒナが卵からかえり、成長し大きくなる姿に癒され楽しみが増えるのでしょうか。

それともフンが落ちてくる?汚れる?と、心配の方が大きいのでしょうか。

この記事では縁起がよいとされるツバメの巣作りについて紹介しています。

また、気になるフン対策やヒナが無事に成長して巣立つまでの見守り方をお教えします。

平均寿命が2年といわれているツバメ。

毎年数が減ってきていることも分かっています。

もしあなたの近くにツバメが巣を作ったら、その時はツバメと共に暮らす生活を楽しんでみませんか

目次

ツバメが巣作りをする家はなぜ縁起がよいのか?

ツバメは渡り鳥で春から夏にかけて日本で過ごします。

筆者

べトナムやインドネシアなど東南アジアから日本にやってきます。

距離にするとおよそ2,000㎞~5,000㎞を数週間~数ヶ月かけてやってくるのです。

読者さま

みんな無事に日本に来ることができるのですか?

筆者

いいえ。ツバメの渡りの生存率はかなり低いと言われています。

試練を乗り越えたツバメが自分の家の軒下で巣作りしてくれたら、なんだか嬉しい気がしてしまいますよね。

ツバメが家の軒下に巣を作ると縁起がよいと言われているのには次のような理由があります。

・ツバメが巣を作るお店は商売繁盛する
・ツバメが巣を作る家の住人は健康である

順に見ていきましょう。

ツバメが巣を作るお店は商売繫盛する

お店の軒下にツバメが巣を作ると商売繫盛するといわれています。

それはツバメが人通りの多いところを選んで巣作りをする特性からきています。

これは不動産屋さんに聞いたお話ですが、軒下に巣を作っていたお店が営業をやめてしまうと、不思議とツバメは来なくなるそうです。

お店の借り手が見つかり、人が集まるとツバメは巣を作ります。

これは人が猫やカラス、蛇などの外敵から自分たちを守ってくれると信じているからなのです。

読者さま

確かに人が多い所には外敵が近寄らないですよね。

ツバメが巣作りの場所に選ぶ軒下=人の行き来が多い場所=商売繫盛している(する)店というわけです。

数年前、筆者が行ったおかげ横丁にはツバメの巣が多く、飛んでいるツバメの数にも驚きました。

筆者

おかげ横丁は繫盛店ばかりといってもよいくらい人の行き来が多いお店で溢れていますよね。

ツバメが巣を作る家に住んでいる人は健康である

ツバメはジメジメした湿気の多い場所には巣を作りません

筆者

湿気が少ない爽やかな場所に巣を作ります

そして本能的に災害にあっても被害の出にくい家が分かるといいます

これは動物が自然災害から身を守るために持っている能力ですね。

ツバメが近くにいるハエなどの害虫を食べてくれるのも健康であると言われる理由です

ツバメの巣の見守り方と対策

ツバメが巣を作り、ヒナがうまく成長して巣立つまでの期間はわずか3ヶ月弱

ツバメがあなたの家の軒下や駐車場に巣を作ったら、何が起こり何に気を付ければよいのでしょうか。

ツバメの巣作りからヒナが巣立つまでの見守り方や対策を次の4つにまとめました。

  • ツバメが巣を作る時
  • ツバメのフン対策
  • ヒナの見守り方
  • 巣立った後の巣はどうする?

順に説明していきますね。

ツバメが巣を作る時のサイン

ツバメは念入りに巣作りの場所を確認します。

春になり家の近くでツバメをよく見かけるようになったら、そのサインかもしれません。

決定的なポイントは家の壁に泥が付き始めることです。

筆者

ツバメは泥や藁(わら)を唾液で固めて巣を作ります。

次の3つが重なるとツバメが巣を作りやすい場所になります

ツバメが巣を作りやすい場所
  • 人の行き来が多い場所
  • 雨風をしのげる軒下や奥まった場所
  • 凹凸がある壁

巣を作られて困る場合は

読者さま

アレルギーがあって鳥のフンの健康被害が気になる……

筆者

どうしても困るという人は、卵を産むまでは巣を撤去できます。

行政の許可なく卵やヒナがいる巣を壊すと、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられる可能性があります。

もし巣の中に卵やヒナがいたら、巣立つまで温かく見守ってあげましょう。

巣の撤去するのであれば、ツバメが巣を作ろうとしている時に諦めてもらった方が親切です。

読者さま

一生懸命に作った巣を壊されたツバメはショックですものね。

軒下や家の前でツバメをよく見るようになったら巣を作るサインかもしれません。

巣を作られて困る人は、この段階で対策をしましょう

ツバメに巣を作らせない方法
  • テグスを垂らす
    • 鳥は羽に触るものを嫌がりその場所に寄ってこなくなります
  • CDなど光るものを下げておく
    • 鳥はキラキラしたものを嫌がり近寄りません
  • ガムテープなどで壁の凹凸をなくす
    • ツバメはツルツルした面には巣を作れません

ツバメのフン対策

ツバメが軒下で巣を作る時に真っ先に思い浮かぶのは、フンの始末ではないでしょうか。

ツバメが巣を作る期間はポツポツとフンが落ちるようになります。

ヒナが卵からかえり、孵化して間もなくは巣の中でフンをするのですが親鳥が咥えて遠くへ捨てに行きます。

集中的にフンを落とす期間は意外と短く2~3週間ほどです。

筆者

ツバメはキレイ好きで巣の中を汚しません。ヒナは成長すると巣の外へフンを落とします。1つの巣から5羽くらい孵化するので、フンの量はそれなりにあります。

フンは巣の真下に落ちます。

巣より1回り大きいサイズの段ボールなどを地上に敷いてあげるのがよいでしょう。

掃除も段ボールを取り除くだけなので楽ですね。

読者さま

地上にフンが落ちるのがなんだか……

筆者

そういう時はフン受けを壁に取り付けましょう!ここから2タイプのフン受けについてご紹介します!

1タイプ目

下の写真は100均のブックエンドで支えを作り、フン受けを設置したものです。

時にはヒナが落ちるのをキャッチしてくれるそうです。

100均のブックエンド。
ツバメのフン受けに利用する。
100均のブックエンドで手作りされたツバメのフン受け。
壁に取り付け床にフンが落ちないようにする。

引用:ダイソーネットストア  引用:ユミばぁちゃんのお学びブログ

2タイプ目

段ボールで作るフン受けの柄には、こんな可愛いらしいものがツバメ観察全国ネットワークから出ています。

ツバメのフン受けの絵柄。
2019年のフン受け
引用:ツバメ観察全国ネットワーク
ツバメのフン受けの絵柄。
2022年のフン受け 
引用:ツバメ観察全国ネットワーク
読者さま

毎年違うデザインがネットにあがっています!下から見上げると柄がみえるのですね!

もちろん、地上に敷いてあげても大丈夫です。

この絵柄でツバメが子育てをしているのが分かり、温かい気持ちになりますね。

筆者

早速作ってみましょう!

ツバメのフン受けを作成。
絵柄を段ボールに貼り付けた図

1年ごとに、ツバメ観察全国ネットワークからフン受けの柄が出されます。

A3の大きさに印刷し、左のように段ボールに貼り付けます。

ツバメのフン受けの作成の図

太線は切り取って、細い線は浅く切って折れやすくします。

ツバメのフン受け完成。

組み立てて、壁に付けます。

凹凸のある壁にはアルミテープが取れにくくオススメです。

ツバメが警戒するため、巣から30~40cmは離して付けましょう。

ツバメのフン受けの取り付けの図。
ここではプラスチックで作っている。

こちらは2015年度版のフン受けのデザインです。

段ボールは湿気で曲がってしまうのでフン受けの素材をプラスチックに変えたようです。

引用:ツバメ観察全国ネットワーク

ヒナの見守り方

ヒナは、しばしば巣から落ちます

筆者

カラスに襲われて落ちたり、兄弟たちからも落とされたりします。

もし巣から落ちてしまったヒナに気付いたら、そっと巣に戻してあげましょう

人間の臭いがついて親ツバメが育児放棄してしまうことはないので大丈夫です。

読者さま

でも高い所から落ちてしまうなんて……。

筆者

そんな時にも壁に付けるフン受けは役立ちますよ。

壁につけるフン受けは、ヒナの落下防止にも役立ちます

それにしても、外敵であるカラスに巣ごと襲われるという話をよく耳にします。

筆者も、餌を捕って帰ってきた親ツバメが壊された巣を見て呆然としていたという話を聞いたことがあります。

ヒナは1羽残らずいなくなってしまい、親ツバメは何度も何度も確認しに来たそうです。

読者さま

自然の摂理かもしれないですがショックですよね……

カラスからヒナを守る対策はのちほど詳しくお伝えしますね。

巣立った後の巣は

ツバメのヒナは3ヶ月もしたら巣立っていきます

翌年度に同じツバメが巣に戻ってくる確率は15%ほどです。

読者さま

毎年、巣に戻ってくると思っていたけど違うツバメの確率の方が高いのですね!

そして、昨年度の巣をリフォームして新たに使うツバメもいるようです。

ツバメは春から夏にかけて1~2度繁殖します。

もしかしたら1年に2度、その巣が使われることになるかもしれません。

ツバメが新たに巣を作るのには約1週間ほどかかるので、できることなら巣はそのまま残してあげて欲しいですね。

ツバメの巣をカラスから守る

ここではツバメの外敵であるカラスについて詳しく説明しますね。

ツバメの巣がカラスに襲われ、ヒナが攫(さら)われてしまったという話はよく聞きます。

筆者の実家にも毎年のようにツバメが巣を作るのですが、2年連続でカラスに襲われました。

筆者

大きくなっていくヒナを見ているだけに悲しかったです……。

ここではカラスの特徴とツバメの巣を守る方法を次の2つにまとめました。

  • カラスの特徴と生態
  • ツバメの巣をカラスから守る方法とは?

順に見ていきましょう。

カラスの特徴と生態

カラスは雑食で、基本的に何でも食べます。

生ゴミはカラスの大好物であり、街でゴミを漁っているカラスを目にしたことがある人も多いでしょう。

読者さま

1度でも生ゴミにありつけると、その場所を覚えてゴミの日になると決まって現れるんです。

筆者もゴミに被せてあるネットを数羽のカラスが協力し、くちばしで咥え取り除いている光景を見たことがあります。

高い知能を持っているカラスは時には道具を使ったり仲間と協力したりして餌を手に入れようとします。

筆者

カラスの知能は人間の6~8歳くらいだと言われています。

またカラスは人の顔を覚えていて仲間うちで情報を共有しあう能力があります

人間が1羽のカラスに危害を加えると、数羽のカラスに仕返しされるというのも嘘のような本当の話です。

しかし本来、カラスは人里離れた山や林で動物の死骸や木の実を食べて暮らしていました。

人間による自然破壊がカラスの餌を奪いカラスが街にやってきました。

街で暮らすツバメも例外でなく、カラスの餌となります。

ではカラスはどのようにしてツバメを襲うのでしょうか。

ツバメを襲う時のカラスの行動

カラスがツバメの巣を狙う時間帯で1番多いのは早朝4時~5時にかけてです。

春から夏にかけてのこの時間帯は、明るいうえに早朝なので人通りが少ないですよね。

カラスはツバメの巣を見つけると、何度も様子を見に来るようになります

筆者

カラスはじっくりと観察してヒナを捕ります。

カラスは巣の真下近くまできたらトコトコ歩き、そこから巣にめがけて飛び、巣全体を地面に落とそうとします。

筆者

カラスは空中で羽ばたきながらヒナを捕れません。必ず巣を壊して落とします

カラスを見かけるようになったりカラスの鳴き声が近くで聞こえたりするようになったら対策をしましょう

ツバメの巣をカラスから守る方法

ここからは具体的にカラス除けにすぐれた方法をご紹介します。

100均のネットでの側面のみのカラス除け

100均の園芸用ネット。
網目のサイズは20㎝四方。
100均の園芸用ネットでつばめの巣のカラス除けを作成。
筆者

カラスはじっくりと観察してヒナを捕ります。

引用:ダイソーネットストア    引用:ツバメ観察全国ネットワーク

上の写真は100均の園芸用ネットでツバメの巣のカラス除けを作ったものです。

ネットの網目のサイズは20㎝×20cm四方のもので、ツバメは羽を広げて通れますがカラスは通れません

カラスに限らず、鳥類は羽に何かが触るのを大変嫌がる特性があります

筆者

筆者の実家もこの方法でカラスを防いでいます。

側面も下からもガッチリとカラス除け

つばめの巣のカラス除け。
側面からも下からも守られている。

カラスが現われるようになったら、ひも張りをしたほうがよいです。

ひもの間隔はカラスの羽が当たる20㎝くらい

写真はフン受けにひもをつけており、下からもカラスが攻撃できないようになっています。

引用:ツバメ観察全国ネットワーク

こちらは、側面も下からもガードする方法です。

囲っているひもは網目のサイズが20㎝四方のネットに替えてもよいでしょう

どこからもカラスの攻撃を守ってくれます

筆者

フン受けが、下から巣を攻撃しようとするカラスを阻止してくれているのですね。

人とツバメとのよい関係

東南アジアから数週間~数ヶ月かけて日本にやってくるツバメが巣を作る家は縁起がよいと言われています。

ツバメが巣作りをする家が縁起がよいとされる理由は次の2つです。

ツバメが巣を作る家が縁起がよいと言われている理由
  • ツバメが巣を作るお店は商売繫盛する
  • ツバメが巣を作る家に住んでいる人は健康である

ツバメが巣を作る時から巣立った後までのポイントは次の5つです。

巣を作り始めたサイン家近くでツバメをよく見かける、家の壁に泥がつく
ツバメのフン対策は?巣よりも大きなフン受けを設置する
ヒナの落下防止ヒナは落下しやすくフン受けが落下防止になる
カラス除け対策カラスからヒナを守る対策をする
巣立った後の巣使われる可能性があるのでそのままが望ましい
つばめの巣の見守り方

命がけで日本に渡ってくるツバメは子育ても一生懸命に行います。

筆者

ツバメの平均寿命は僅か2年。ヒナが巣立つまでの3ヶ月弱、温かく見守ってあげてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

白戸もあ
夫と2人暮らし。
インテリアや雑貨が好きで、居心地のよい家を目指しています。
犬と暮らしてみたい今日この頃・・・

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次